テキストファイルを効率よく加工する方法

a1370 000108 m 768x1024 テキストファイルを効率よく加工する方法

正規表現という言葉を知っていますか?

エディタにはたいていついているものなのですが知っていると意外と便利な使い方をすることができます。

その正規表現の簡単な使い方です。

たとえば文章の先頭に「No.」をつけたかったとします。

その場合テキストエディタの置換を使って以下のようにします。
af0ba6966826c057946a07ca02b2024e テキストファイルを効率よく加工する方法

Ctrl-Rを押すかメニューの編集→置換を押下する。

e63769a2c65ea655f9997c08f422b5d7 テキストファイルを効率よく加工する方法

全置換を押下する。

79bd6fcbb9e4bf0225e51145e61ac39e テキストファイルを効率よく加工する方法

とこんな感じでできます。

置き換えの時に「^」をつけたのが先頭という意味でこれで先頭に置き換え後の値を入れる形になります。

これの何が便利かというと、今回みたいに数行程度の先頭に文字をつけたす程度だと手作業でかえてもそんなの問題ないのですがこれがたとえば100行とか1000行とかあったらどうでしょうか?
そういう場合にこのテクニックは使えます。

図は秀丸エディタですがさくらエディタやxyzzyやvimなどでもできます。

後ろにつけたしたい場合には今度は「$」をつけます。

こんな感じです。

01e8066fe15fd551c767153d4f50d738 テキストファイルを効率よく加工する方法

Ctrl-Rを押すかメニューの編集→置換を押下する。

ad49d248cd2e293bcaf39496cbf71166 テキストファイルを効率よく加工する方法

すべて置換を押すと以下のようになります。

6964d5910b61d57c543fa832c066acb0 テキストファイルを効率よく加工する方法

そうするとそれぞれの各行の後ろに全部置き換え後の値が入るようになります。

正規表現は中々とっつきにくいものですがなれるといろいろと面白い事ができます。

みなさんもチャレンジしてみてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">