エディタで日付を挿入する方法【秀丸、さくらエディタ、xyzzy】

覚書等をエディタで書いたときに日付をいれておくと後で見返すときに便利だったりします。

いろいろと試しましたがPCを使用中に覚書をしておきたい場合にはデスクトップにテキストファイルを置いておいて日付をいれて書いておくのが一番楽な気がします。

以下のような感じです。

2013/03/27 14:40:37

明日忘れずに!
猫のえさを買う

2013/03/27 12:28:00

請求書作成

そんなテキストエディタで日付を挿入する方法です。

秀丸で日付を挿入

マクロ→マクロ登録を押下してください。
以下のようにでますので

858b6cbb95544110187d18cd77af01f4 エディタで日付を挿入する方法【秀丸、さくらエディタ、xyzzy】

タイトルに「日付と時間」ファイル名に「dateandtaime」を入れて編集を押してください。

そこに以下のようなマクロを入力してください。

9f6c9fbfffcee594b805c86ffc4c4644 エディタで日付を挿入する方法【秀丸、さくらエディタ、xyzzy】

    //日付 (YYYY/MM/DD) 時刻 HH:MM:SS

    $item[0] = year + "/" + month + "/" + day + " " + time + "\n";

    insert $item[0];

    endmacro;

これを書き込んで保存をしてください。

これでマクロの登録が完了です。

これだけだとマクロを登録しただけなのでさらにキー割り当てをします。

「その他」→「キー割り当て」を押してください。

以下のようにでますので「キー割り当て拡張」にチェックをいれ「Ctrl」にチェックを入れます。そして、左のキーのところで「Ctrl+;」となっているところをチェックして、コマンドの「メニュー/マクロ」に先ほど設定した「マクロ1:日付と時間」があると思いますのでそこをクリックして「OK」
ボタンを押してください。

e1fb7779a2e779a1bef412a06d5289b7 エディタで日付を挿入する方法【秀丸、さくらエディタ、xyzzy】

ここまで設定してエディタを再起動、Ctrl+;を押すと日付と時刻が挿入されるようになります。

xyzzy

別に書きましたが
xyzzyで設定ファイルを作るを参考にしてください。

.xyzzyファイルに以下のように

(defun insert-date()
  (interactive)
  (insert (format-date-string "%Y/%m/%d %H:%M:%S")))

(global-set-key '(#\C-x #\t #\d) ' insert-date)

を書き込みます。
エディタを再起動するとCtrl-x を押したあとに 「t」と「d」を押すと時刻が挿入されます。

さくらエディタ

特に設定する必要はありません。

「Altキー+;(セミコロン)」で日付が入力できる。
「Altキー+:(コロン)」で時間の入力。

どうでしょうか?
覚書等テキストファイルに日付と時刻をいれたいときにお試しください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">