【Photoshop】レイヤーの描画モードのまとめ その2

N811 enogutoparetto 【Photoshop】レイヤーの描画モードのまとめ その2
明るさを変えたり、雰囲気を出したりするのに何気なく使っている描画モード。
それぞれどんな効果があるのかを簡単にまとめた「【Photoshop】レイヤーの描画モードのまとめ その1」の続きになります。

オーバーレイ

2013040113 400x320 【Photoshop】レイヤーの描画モードのまとめ その2
乗算+スクリーンの効果です。
輝度が50%グレーより明るい場合スクリーン、輝度が50%グレーより暗い場合乗算になります。

ソフトライト

2013040114 400x320 【Photoshop】レイヤーの描画モードのまとめ その2
オーバーレイと似ていますが、オーバーレイより淡いような効果になります。

ハードライト

2013040115 400x320 【Photoshop】レイヤーの描画モードのまとめ その2
オーバーレイと似ています。
より強く効果が出て、合成レイヤーに黒や白を使うとその色のみになります。

ビビッドライト

2013040116 400x320 【Photoshop】レイヤーの描画モードのまとめ その2
カラーの焼き込みまたは覆い焼きを行います。
50%グレーより明るいか暗いかでコントラストが変わります。

リニアライト

2013040117 400x320 【Photoshop】レイヤーの描画モードのまとめ その2
カラーの焼き込みまたは覆い焼きを行います。
50%グレーより明るいか暗いかで明るさが変わります。

ピンライト

2013040118 400x320 【Photoshop】レイヤーの描画モードのまとめ その2
今までとは違う特殊な効果です。
合成レイヤーが50%グレーより明るい場合、合成レイヤーより暗いピクセルのみ置換されます。
合成色が50%グレーより暗い場合、合成レイヤーより明るいピクセルのみ置換されます。

ハードミックス

2013040119 400x320 【Photoshop】レイヤーの描画モードのまとめ その2
ハードライトと似た効果ですが、より強力にコントラストを変えています。
RGBの各数値を全て0か255にします。

以下二つは反転の効果があります。

差の絶対値

2013040120 400x320 【Photoshop】レイヤーの描画モードのまとめ その2
明るさの値の大きい方のカラーから小さい方のカラーを取り除きます。
白を使うと反転し、黒は効果がありません。

除外

2013040121 400x320 【Photoshop】レイヤーの描画モードのまとめ その2
差の絶対値と似ていますが、若干コントラストが低くなります。
白を使うと反転し、黒は効果がありません。

ここからは色相、輝度、彩度に関係する効果になります。

色相

2013040122 400x320 【Photoshop】レイヤーの描画モードのまとめ その2
基本レイヤーの輝度と彩度に合成レイヤーの色相をあわせます。

彩度

2013040123 400x320 【Photoshop】レイヤーの描画モードのまとめ その2
基本レイヤーの輝度と色相に合成レイヤーの彩度をあわせます。

カラー

2013040124 400x320 【Photoshop】レイヤーの描画モードのまとめ その2
基本レイヤーの輝度に合成レイヤーの色相および彩度をあわせます。

輝度

2013040125 400x320 【Photoshop】レイヤーの描画モードのまとめ その2
基本レイヤーの色相および彩度に合成レイヤーの輝度をあわせます。

自身でも興味があり今回この色で試しましたが、効果によっては違いがよくわからないものも。
描画モードは実際写真を弄りながら試した方がわかりやすいかもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">